2011年05月06日

GW0504-5関東近郊ポタ



4日
ゆっくり休養も大切ということで、午後から夕方にかけて高井戸のショップへ自転車の微調整。
この間、OHも出したばかりであったのだが、春くらいにまた微調整しましょう!という話もしていたので、これを機に持っていくことにした。
近いのだけど都内方面に行くのは、なかなか気が進まない(笑)
TCRは驚くほど激混み。
連休で初のTCRであったが、日中はこんなに混雑してるんですね。
見渡せど人、人、人。
神経つかうし、どんなにゆっくり走っても疲れる・・・これなら 人里離れた山が良い。。。などと内心思いつつも、お店に到着。
とりあえずギア調整等々みてもらって、これでまた夏場もガシガシと乗れるでしょう。
そのあとトミーさんと、しばらくおしゃべりなんぞして、夕方に家路へ向かう。

5日
とても久しぶりに秩父。
この日は天気がずっと曇りだったけど、雨もなく最高だったな・・・そして ここまで行くと人も少ない。自転車のりすら道中あうこともなく。
レアなコースを選択しつつ、一人でひたすら淡々と走った。気分がよい。
やっぱ最高だな・・・ここは。 っと改めて。
白くまパンも味は絶品だ。
また行きたいと思わせるような良い避暑地だ。。。

2011-05-05 13.35.18.jpg

ここ最近、ほんとに色々な良くないニュースが続くけど、やっぱり無知程怖いものはないなと思う。
最近といえば生肉事件。
生肉で食べるって、まずしなかったこともあって 意識外だったのだけど、食用の生肉ってのが存在しないってのも初めてしったし、食中毒ってのが死をもたらすってことすらら 思ってなかった。
食中毒だったら、今の先端の医療技術でなんとかなるだろう。的な安易な考えだったのだ・・・
そもそも、なぜ四足動物の生肉が駄目なのか。
(エスキモーは生肉が主食である)
それだけ菌の繁殖が激しいということだね。。。
改めて、知ろうとする、認識する事件である。
そして、レア肉、、気をつけよう。。。と改めて。
また、この事件を機に、、、
生命から得ている 人間の食ってのを考えた。
まるでモノのような扱いで、人間の食を満たすためだけに生まれてきた、牛、豚、鳥、、、
麻酔もかけられず殺されて、工場内をグルグルと回され解体されていく塊。。。
やっぱり、他の命から自分の命、エネルギーを得られているってことを、ちゃんと知る義務が 一人ひとりにあるんじゃないか・・・って。改めて考えた。
正直、そんなこともしらないで、食べていた自分もまた、食に対する考え方を見直すことによって、より充実した食が得られる(無駄をなくす)につながるからだよね。

っと 生肉事件から、考えたのでした。
(ざっくり書いたので乱文です)




posted by ゆこぱんだ at 17:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GW0502-3山頂でガッツポーズ!

GWの2、3日はやっぱり峠攻め。
2日は結構ハードだった。
宿を出発したのが遅かったこともあって、休憩はきちっと最低限に済ませ走る。
こないだの八ヶ岳HCに引き続き、今回もせっかくなので麦草峠。
ミノール氏が裏道をしっかりチェックしてくれて、うまくアクセスするものの、ところとっぱしの141号はいまいちな道である。
麦草のひたすらヒルクライム。
やはり、疲れが結構残っていて、マイペースに走るのみ。
山頂でのゴールでは記念撮影!!やっぱり気持いい。

2011-05-02_15_02_52.jpg

2011-05-02_15_03_29.jpg

撮影後は、すぐさま下山開始で八ヶ岳HCのスタート地点まで降りる。
これでもかっ!!!ってくらい、くだる。くだる。
ものすごいね。。。ここの下山の距離って。
すごく寒くて、、シンまで冷えたよ。。
それも、こないだのレースの時の下山より寒かったんじゃないかな??って思うくらいだった。
帰りのルートも考えると、結構大変で、そのあとさらに別の峠を経由していく、迂回経路をとりつつ
走る事にしたので、時間がない中(夕方)あせりモードで気が抜けません。また、結構なばてモードだったので始終背中を押してもらった。電動ライド。ありがたや。。
なんとかジャスト7時に宿へ到着。。。もう薄暗い状態だったのですが峠で暮れなくて良かった。。
なんだかんだで7時間程のり、ようがんばった1日でありました。

さらに東京に戻る日も、せっかくなのでライド。
クリスタルラインを経由して信州峠をこえ、さらに峠越えの往復コース。
この日はゆとりをもったプランだったので、途中のスーパーで、お惣菜を買って食べたり、
フリードリンク100円という価格での、フリースペースのあるスーパーだったので快適最高だった。お惣菜もおいしかったしお弁当も低価格であった。
なんていうか、いままでの走ったつけがきたのか、よう食べる。食べる。
これでもかってくらい食べて、気持ち悪いかも!!っておもってもしばらくすると、また食べる。
でも食べたおかげでしっかり走れました。(帰宅日もしっかり積算2000mを稼ぐ)
体力の回復も早いです。

しっかり走りおわった後の最後の締めはほうとうで。
なにせ、最後の最後の30分で雨に降られてしまい、びしょぬれになってしまった。
この日は滞在した中でも一番寒かったので・・・それに雨だと、寒いっ。
そんな状態での 小作のかぼちゃほうとうは格別であった。
ただし、やっぱり塩山のほうとうが好き!!!!
あそこの店のほうとうのボリュームと、かぼちゃが溶けてトロトロ、具がたんまり、、、これは、たまらない・・・。今年も食べに行きたいなと思う。あのほうとうは、やみつきだ。

そんな感じで、タフな贅沢な時間を過ごせました。
ごく当たり前みたく、食べて、動いて、寝てって、やっているけど、ほんとにありがたいことなんだなあと改めて。。。。
そんな想いもあって、簡単でも記録に残しておこうって思います。
posted by ゆこぱんだ at 00:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。