2006年08月08日

8/8の夕焼け空

部屋の中が赤く染まった感じになったので ふと窓から外を見ると夕焼けが綺麗でした。これは!と思い、多摩川土手に繰り出しました(徒歩5秒)
そしてなんとなく写真を撮りました。
空はあっという間に変化していろいろな姿を見せていきます。
秒単位で変わっていくので あの時は綺麗!と思えても・・・
いつの間にかその姿が跡形もなくが消えていたりもします。
その瞬間を撮るのって意外に難しいものです。


ss-SANY0007.jpg

ss-SANY0008.jpg

ss-SANY0001.jpg

ss-SANY0002.jpg

ss-SANY0005.jpg




posted by ゆこぱんだ at 23:59| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 空を眺めよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいね、これ。
昨日こんな夕焼けだったんだね!?知らなかったぁ。
空の動きってほんと早いよね。日没なんてちょっと見てるだけであっとうまに太陽は沈んじゃう。
今は台風が来てるので、その関係の雲っぽいね。
Posted by 珍 at 2006年08月09日 09:52
昨日の空の夕暮れから台風。
空に異変があるときは、何かが起こるという前触れなのかなー?
良い景色に出会うときに なかなかカメラを持っているってことが少ないんだよねー
Posted by ゆこぱん at 2006年08月09日 11:25
あっしも見ましたよー!
木星とか土星を間近で見てるような色でした。(って見たことないけど)
最近電車に乗ってると花火とか夕焼けとか、乗客がどよめくパターンが多いっすね。

Posted by もがすけ at 2006年08月09日 13:30
あわただしく生活していると ふとのんびりと構えることを忘れてしまいがち。
東京人ってせっかちな気がする。
歩く早さとか?
ふと 空を見上げるといいかもしれませんよ。

 これを「ロマンティスト」と言う。。。。


(−。−* おほ。
Posted by ゆこぱん at 2006年08月09日 15:30
綺麗な空の写真ですねぇ!!!
私が写真を積極的に撮るようになったのは今ここでしか会えない空を切り取っておきたい、と思ったのが始まりですよ。
いっぱい撮っているけれどなかなか良いと思える写真は少ないです(というか、デジカメから卒業していない時点でどうなんだという話もある)。多摩川の土手という遮る物が無い場所にすぐ出られるグットポジションに住んでいるのがうらやましぃです〜〜〜☆
Posted by たな*たな at 2006年08月14日 23:42
一番ここぞと思われる写真を撮ることは、ホント至難の業だよね。
写真家は 一番ベストだと思われる場所で、ずっとその瞬間のために待機していたりするくらいだから。精魂こもっています。これこそ、すばらしい作品を生み出す技なのかも?
なので、私みたく都合よく、いいときだけ撮るってなると それなりのものしか撮れません。
写真をとるのは好きだけど、結構適当にとるのみよぉ。
一番とりたいな。っておもう瞬間が多いのは やっぱ自転車にのっていて この風景とか、このシーンおもしろいなって思うことが多いけど そのつど止まっていたら 、バイクにまともに乗れないので 撮っていません。(笑)
Posted by ゆこぱん at 2006年08月15日 01:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。