2008年01月03日

由比〜興津を結ぶ「サッタ峠」

今日は母方の実家の日帰り帰省。
おばあちゃんとは久しぶりの再会です。
まだ みかん畑で現役で働いていますが、みかん畑の作業は重労働です。すっかり腰が曲がっているけれど、こうやって毎年美味しいみかんを食べられるのは 精魂込めて苦労した作り手のお陰なのです。

 日帰り帰省のため、それほどノンビリは出来ないのですが、おばあちゃんちの裏山である「サッタ峠」へ行ってきました。
昔は全然整備されていない普通の険しい山道でしたよ。
今はすっかり整備されハイキングコースにもなるほどです。
コースの途中、途中には「無人の農作物販売」があります。
中には悪い人もいて、お金も払わずもって行ってしまうのですよね。
一苦労して作ったものなのです。お願いですから持っていかないでください。そういった悲しい人もやはりいるんですよね。

さて、サッタ峠入り口は数分です。
由比〜興津間は10kmくらいでしょうが、私は全工程というわけではないので、往復しても余裕な距離です。12、3kmでしょうかね。
春には桜が満開になり、最高な景色となるのです。
黄色いみかんと 青い海。そびえる富士。
こんなコントラストが心を癒します。

ss-SANY1399.jpg

ss-SANY1400.jpg

しばらく歩けば、ものすごい絶景が待ち構えています。
なんと素敵なのでしょうか。

ss-SANY1401.jpg

ss-SANY1402.jpg

_________________

漁師の網にかかって引き上げられた地蔵菩薩像(さったの地蔵)を山上に祀ったことからその名が付いたと言われるさった峠。
歌川広重が描いた当時とほぼ同じ風景が望めるのは、五十三次の中でもここだけと言われる名勝です。


 さった峠は古来より東の箱根峠、西の鈴鹿峠の間にあって東海道の三大難所として知られています。特に興津側(清水市)からのコースは、昔の峠の厳しさを思わせる傾斜が続きます。 

抜粋:http://www.yuicho.jp/kanko/satta.asp
_________________


昔の人は大変だったはず。
難所といわれる場所は、それこそ今は、とっても歩きやすくなってしまっていますが、険しい山道だったのでしょう。


ss-SANY1410.jpg

ss-SANY1403.jpg

今日は快晴。富士山がきれいに顔を出していました。

由比側へ降りたとき、結構な急勾配でした。
「ロードではのぼれないなぁ。」
 すぐ坂をみると「自転車でのぼれるか、のぼれないか。MTBなら行けるぜぃ」みたいに すぐ頭の中で変換されてしまいます。私ってば(笑)

◆由比の町並み。
ss-SANY1417.jpg

ジョギングして あっちこっち 走り回ります。
あまり時間が無かったので、この峠道をいったくらいでしたが、気持ちが あらわれるようでした。
景色も去ることながら おばあちゃんに会えて喜んでもらえたことが 一番の何よりも嬉しかったことですね。

 で・・・・
現実は以下の画像のように帰省ラッシュもはじまってましたが。^^;

ss-SANY1411.jpg


 近いので、また頻繁に行こうと思います。
「孫は自分の子供よりかわいいんだよ」っと 言っていました。
思いやり、大事にしなくちゃね。心得の1つ。

そして、次回いったときには 目と鼻の先の「浜石岳」にチャレンジしてみたいです。 峠の入り口はみましたが ここもまた勾配がありました。 でもせっかくなので また顔を出しに、そして近くを散策してみるってのも いいかな。
幼いときは興味も示さなかったけど、今ではあちこち身の回りの 風景、町並み、暮らし、人、いろんなことが気になります。

_________________

http://www.yuicho.jp/kanko/preview.asp?cd=2&no=29

標高707m、ゆっくり歩いても山頂まで約三時間。ご家族連れで、グループで気軽なハイキング先として登れるのが浜石岳です。


浜石岳は名前の通り、大昔は海底でした。それが何億何千万年前の地殻変動で海底が隆起して、山になりました。その証拠に浜石岳の山頂では貝殻の化石などが出てきます。頂上はまさに360度の大パノラマ!眼前に富士山、眼下に由比、蒲原、富士、清水の町並み、駿河湾の遠くには伊豆半島、三保半島、北を向くと南アルプスの山並みと絶景とはまさにこの風景、由比の風情、名所の一つと言えます。

標高707m、ゆっくり歩いても山頂まで約三時間。ご家族連れで、グループで気軽なハイキング先として登れるのが浜石岳です。


浜石岳は名前の通り、大昔は海底でした。それが何億何千万年前の地殻変動で海底が隆起して、山になりました。その証拠に浜石岳の山頂では貝殻の化石などが出てきます。頂上はまさに360度の大パノラマ!眼前に富士山、眼下に由比、蒲原、富士、清水の町並み、駿河湾の遠くには伊豆半島、三保半島、北を向くと南アルプスの山並みと絶景とはまさにこの風景、由比の風情、名所の一つと言えます。

_________________________


とても大事な時間を過ごすことができました。






posted by ゆこぱんだ at 23:33| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
富士山絶景だね〜〜!
最近空気が澄んでいて天気がいいから、富士山くっきりで気持ちいいよね。
海も近いしいいな、いいな〜。
また、おばあちゃんに元気な姿を見せてあげてね。
Posted by 珍 at 2008年01月04日 13:52
ホント絶景です!今度珍もいってみますか?(笑)
ほんと 目の前は海、富士山のすばらしいところですよ〜。
壮大な富士山をみて 今年は良いスタートがきれたと思います☆
Posted by ゆこぱん at 2008年01月04日 18:19
自分も1-2に清水に帰省していたのでちょうど入れ違いだったみたいですね(^_^;
遠い親戚が興津に住んでいて数年ぶりにお会いしたのですが家から10km位と割と近いみたいです。




Posted by JT1B at 2008年01月08日 09:43
もしかして親戚の親戚の親戚とかだったりして!?(笑)

おばあちゃんは確か8人兄弟くらいだし、ご先祖様をたどっていくと??(笑)

ちなみに、ちびまるこちゃんに出てくる駄菓子屋のお店「みつや」は 親戚です☆
→今は洋菓子店にかわったそうです。

昔はよく、そのみつやで ちびまるこちゃん饅頭がうっていたのですが 今はうってるのかなぁ?

Posted by ゆこぱん at 2008年01月08日 10:24
今年の春「桜エビ祭り」で由比に行きました。
そして明日(11/02)サッタ峠へハイキングに行きます。天気も大丈夫そうだから楽しみにしています。
Posted by かっちん at 2008年11月02日 00:09
いかがだったでしょうか。さった峠。
秋晴れで、最高の富士が眺められたのではないかと思います。
いまは、外にいて風にあたるだけで 気持ちがいい最高の季節ですね。
そして、寒い冬がやってきますね。
Posted by ゆこぱん at 2008年11月02日 23:52
行って来ました、サッタ峠。江戸時代の旅人になった気分で、富士を見ながらお弁当をいただきました。・・・大満足です。さっそくPCの「張り紙」にして楽しんでます。・・・雪をかぶった富士も見事でしょうね。また年末に行くことになるかもしれません。
Posted by かっちん at 2008年11月04日 23:22
光景が目に浮かぶようです☆ミ 青空の下お弁当なんて最高〜だろうなあo(^-^o)(o^-^)o
記事をよんで 私もまた行きたくなりました
おばあちゃん宅へいくときは必ずといっていいほどサッタには行きます
目とはなの先なので、朝食前に散歩いってくるわ♪というかんぢではありますが(笑)

整備される前は人通りのない山中で 薄暗いイメージがあってお墓参りにいくときや みかん畑にいくときしかいかなかったんですが遊歩道ができてからの 賑やかさには驚いてます(⌒0⌒)/~~
Posted by ユコパンp(^-^)q at 2008年11月05日 07:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。