2012年07月23日

Eカテゴリ認定


久しぶりの更新〜!
こないだ、久しぶりにJCRCに出場してみて ものすごい辛いレースだったけれど
満足感もあるようなレースでした!!!
それはパックにはいって走るという経験をしたからだとおもう。
まだまだ ついていくだけで精一杯のレースだっただけに、正直周りをみる余裕すらない状態。
半ば放心なのかもだけど。
必死で周りに走るひとを認識していくのが精一杯で、
後ろをチェックする余裕すらなかったな〜。
そんな状態であっても、自分の実力アップを実感できたレースでもあった。

翌日には速報がアップされて、本当に運営がスムーズ。
さらに数日後にはカテゴリの確定級もアップされた。
結果としてEクラス認定されました!

自分には、どんぴしゃなレベルだと思うので ここで切磋琢磨して磨きをかけるにはもってこい!!!!
ここなら、たぶん?中盤のラインでもあるし もしかしたらもっと展開を読んで走れるのかもしれない?
実力があがれば時間をかけてでも、Dへも もしかしたら?という淡い希望も。
今一緒にはしっているチームメンバーがDに全員集結しているメンバーけれど、Dの中でも本当に実力自体は様々。
HCで、男子で入賞するようなレベルから、逆に、、、平地が異常に早いなど。。。。
不思議だ。。。


しかし、EとDは全く違う。
そしてそれは、一緒に普段練習ではしっていたって 実感する脚力の差・・・
日ごろからはしっていれば、如実に自分の位置がわかるので。。
そのまんまだぁ・。。。
これ以上も、コレ以下もないきもするし。
このカテゴリ級、ものすごい妥当なラインだ〜。。
HCとちがって辛いのは、どーしても男女の筋力差。
特にスプリントや、瞬間的なパワーを埋めるのは、生物学的に?もかなり厳しい。。とおもう。
それでも、その一線をこえると、間違いなく、怖いものはなくなるレベルだな〜。。 
凄い差であり、もしかしたらちょっとの差でもあるのか?
ちょっとってことはないな。。。

とういうことでしばらくEとWで走ってみようと思います。

週末103へいってきました。
涼しいのが一番の要因なきもするけれどベストタイムだ〜
次の目標は54分台!!
posted by ゆこぱんだ at 17:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

JCRC群馬(数年ぶりのロードレース)

本日、本当に久しぶりに(6年ぶりくらい?) JCRCロードレースに参加してきました。
場所は群馬CSC。
鶴メンが参加するので便乗させてもらいましたが、本日群馬に来ていたチームメンバーは20数名であることを、現地で知りました。同じチーム員とはいえ知らない方もいるので、レース会場をきっかけにして話をすることが出来たりなど、また1つ交流が広がり、楽しさも増えました。

今日は3時起き。
正直ロードレースが久しぶりなこともあって 気持ちがどーものらずでここまできたけれど、とはいえ 不安だらけだった。小心者の私には、1つ1つでぶつかりやすい性格。勢いがない!
数年ブランクがあったのです。
昔女子で参加したときも入賞はしても、力もないせいかほとんど単独で走っていてTTのイメージもあって どーも燃焼不足というイメージしかのこっていないロードレース。
とはいえしばらく、チームで走ってだいぶ経ち、それなりの走りもしてきてたので、参加してみたいな!という強い思いもあって、勢いでxカテゴリエントリー。
朝一番にスタートするので、時間的都合上第一優先で勢いで、かつ、常日頃一緒にはしるメンバーがいると、デビュー戦もだいぶ肩の力が落ちるのでありがたいのです。。。。本当に緊張してますから 今回は まじで!
(優柔不断だから、このエントリーも迷いに迷ったが、メンバーが押してくれ感謝!)

そんな過去のイメージからも不安一色なレース前日は、時間がきになって1時間おきに起きてしまい、睡眠いまいちにて3時起き。4時出発となった。
6時前には、月夜野のセブンに他の鶴メンバーとも無事合流!なんと息のあった行動でしょう。
鶴メンは皆Dクラスなので、私の次の出走の9時頃なので、自分が走った後は応援できるというリッチなプラン!

さて、月夜野で降りたら小雨。路面ウェット。
デビュー戦からこれですか!(テンションかなりがた落ち)
レース会場到着早々に試走を一周する。(けたるっちさん、ごんぱちさん、かわ○さん、ゆこぱん4人で試走) けたるっちさんが走りながら ポイントとなる箇所のアドバイスをくれる。ありがたい。
一周で試走はタイムリミットだったので、そのまま今度は出走準備。
もはやアップはこれだけだったけど そんな細かいことは気が回りません。
レース出走スタンバイで並んでいると、とき3がやってきて「もっと前でスタートしたほうがいい」と的確なアドバイス。気づけば気弱なので一番後ろに待機しておりましたので、スタート位置に移動するタイミングで前へシフトする。
スタート時には既に雨もあがり、号砲と共に約50人?がスタート。(Xは100人いるので二分割されていました)
序盤は先導もあるのですが、一番でかい塊のまま動くので 一番気をつけたいシーン。
ぜったいラクシャには注意せねばっ。
ありがたいことに、カーブポイントやスタート時に「減速」をかなり役員の方が促しているのと、下りも案外さらっとかわせる感じだったのでよかったです。ヘアピンも思ったほどみんな飛ばさない。(というか飛ばしたらやばいよな)
普段のランのほうが、攻めた走りしてる?と思う感じ
下りきった、次ののぼりのステップ。
ここからは脚力の分かれ道。
かといって、のぼり前半はインナーをつかうのぼりじゃないので、パワーがものをいう感じ。
必死で必死でくらいついて走る。結局、心臓破りの坂といわれているところをクリアするころには、半分?いや半分以上が減り絞られる形に。
とにかく一周目は元気な割りにきつかったなぁ。。こんなにロードレースがきついとは。
もはや 顔も凄いやばい形相にならざるを得ない単発的な強度。。。。
凄い形相の場所で、とき3の声援あり。感謝です。
くらいついて のぼりきって、フラットで集団でまとまり、ホームストレートにくると鶴のメンバーやっみんなが応援してくれていた。
ううう 嬉しい!涙
反応はできずとも声はしっかりとどいてますゆえ。
なんとか集団にくらいついて、2周目。3周目とこなす。
そのたびに集団はちっさくなり、というかxは もはやかなりばらけていて、自分の周りだけみても、5人、6人とか そんな小規模な感じだった気がします?
周回を重ねる途中で、ラクシャされてる方もいたので、やっぱり気を抜いたら危ないコースなんだなぁと思ってはしる。
必死だったので、わからないのですが、、、すでに最初から3人の逃げがあったようで そこのグループは別格でゴールしていました。その後の集団でなんとか かんとか 食らいついて走る。
一番つらいのは下りでも平地でもなく やっぱり のぼりの最後の心臓やぶり500Mにつきる。
他の坂は比較的 自分も周囲のレベルに劣らずいけるのだけど最後がきつい。
最後の最後で、徐々に離されてしまい、のぼりきったところで アウターにいれて おいかけて追いつく。そんなかんじ。
足をつかいたくない!とか言ってる場合でもないけど その中でも極力セーブを心がけて、
5周回すべてパックに入りきって走ることができたのは 大きな収穫でした。ぅぅ。
しかしやっぱ きっついなー
そして、もう5周で勘弁して!!笑
4周回目あたりから足のツル兆候が。。。涙
HCでどんだけ走ってもつらないのに。。。
ごまかしながら、つらないように つらないように意識して走る。
お願い!足よもってくれ。。。
ロードレースの単発的な強度と追い込みと 暑さで、つりそうになるとは。。
今後は補給をもっと積極的に取り入なきゃならんですね。
足が痙攣したら 後物祭り。そうなる前に前に。。

ぬきつ ぬかれつ、結局最後の周回の心臓破りの坂の 最後の上りきりのところで、、ペースアップの徐々に開くという展開に、あともう少しの粘りが足りず!!!!!
ううーーーー 少し間を離されたが最後。 一緒にはしっていたメンバーが前方に消え、後ろから追い上げてきた数名にも抜かされてしまったぁぁあ
この粘りがあるかないかで、結果が天と地の差をわけるのがロードレース。
同じパックにいたかたは ちゃんと入賞されていた方もいて、粘れないと10着以内にもはいれないという ものすごい順位の差を生むのですね。ひーーーー。
とはいえ、
正直、一周目から切れると思っていたので、、どこまで自分が粘れるか勝負だったのが、最後の周回までもってこれたのや 順位もよかったとおもうので ほんとよかった。。。(安堵&嬉)
 もっともっと余裕や走り方の燃料の使い方? 地足があれば いわゆる展開?ってのもあるのかもしれませんが 
レース自体が 楽しかった!!って思える きつい良いレースでした。

レース後は、つるめん、Aランメンバーの応援や撮影にまわる。
A.B,Sのカテゴリの途中までの応援もできたので、あっという間に時間もすぎました。
みんないい走りしてましたよー!!
どんな結果であれ、次につなげるようにすれば 成功の源です!
お疲れ様&応援本当にありがとうございました。
動画もアップいたしまーす。


渋滞にもはまらず、かえってこれました
運転してくれた川○さんお疲れ様でした!!!




posted by ゆこぱんだ at 00:04| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

富士チャレ周回LAP

2011.xls



*****

周回ラップが掲載されていたのでMEMO的に掲載します
ジワジワと順位あがっています!!

*****

 
沖縄200qにあわせて走っていることもあって、毎週末のようにガッツリ走ることに。
がっ。そんな大きなレースもないのに、パワーが!!!アップ!
もし沖縄でたら結構はしれたのかなー?
とか 思っちゃうけど 過信も良くないか。。

初回は辛いとおもった距離も 回数をこなせば、さほどダメージもないのが 凄い。
毎週がレースのようでハードですが楽しいです。
とうとう奥多摩の方は紅葉が。木々が色づきはじめ、山頂は寒い。。
どうも一人より寒さに弱いみたいで、ちょっと待機してるだけで足ががくがく震えるほど。
唯一しっかりと休憩を入れるコンビニでは、温かいドリンクや温かい食べ物が恋しくなりました。
さらに、先週から急激に気温が下がってきたせいか 食欲も増進中。
お腹の減り方が異常で、朝出社後「お腹すいて気持ち悪い」、昼前「お腹すいて気持ち悪い」
ランチ後しばらくして「お腹すいて気持ち悪い」 夕方「お腹すいて気持ち悪い」
ちょっと・・・拉致があかないかんじになってきたよぉ。
いくら運動してるとはいえ・・・すごい食欲だなぁ〜。

そういえば、週末「自転車タクシー」を見ました!
ものめずらしいから写真にとろうかとおもったけど。とってません。
参考に値段をしらべてみたら たかすぎてびっくり。
200Mで100円。1KMで500円?
2KMで1000円?絶対たかいって〜〜。
日ごろ自転車動き回ってる身としては 驚きだけど利用率って高いのかねぇ?
安くすれば結構利用者ふえるんでは?

それからラーメン二郎。
いまだデビューしてないんだけど、(HC終わってからにしようと思うし)
凄い行列!!!!!
なんなんだ〜!!
いくなら、ブレスケア持参でにんにくタップリいれてもらって食べたいな〜
にんにくおいしぃよね〜。

個人的にはラーメンって、食べたいって思うほどじゃないので、ほとんど食べることってないんだけど、
好きな人には、相当らしく。。。
それもラーメンを定期的にたべちゃうと やっぱりコレステロールで健康診断ひっかかってる人が
周囲に多いのだ。。。。
でも、いってみたい〜。
posted by ゆこぱんだ at 18:43| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

初サーキットレース富士チャレ200感想


初めて富士チャレ200という大会に参加してきました。
(富士スピードウェイを走り抜けるレースです)

自転車暦は長いのだけど、サーキットは一度も走ったことないのです。。
とにかく経験してみたかったの。人から聞いただけじゃ、いいのか悪いのかなんて分からない。
まだまだ、知らないことやってみたいことが たくさんたくさんある。
今回、ホント参加してよかったです。(経験して分かることなので)
自分がどのくらいのレベルで走り続けるのかも分かったし・
「富士チャレ」に出場する”” って言うと
→「ラクシャに気をつけてください。」というアドバイスが非常に多かったので 実際はドキドキでした。
でも今回は多くのチームメンバーが出場して遠足みたいな気分行けました。
初チャレンジって、前例のタイムも無いし気楽で良いもんです。笑
きっと、気さくなチームメンバーで参加できたから、楽しかったと思うのでしょう!知り合いも増えれば、走りながら声をかけたり、かけられたりのシチュエーションもあるのが救いです。
(レース中は正直、、、きついわ。。の一言に尽きるので。)

結論としては、立川エンデューロより安全だなぁと感じました。
ただし、後方スタートしたのもあって、前方の早い気合の入った集団の中にはいなかったので、それも要因かと思う。
実際、私の知らぬところではラクシャがあったようで・・・。救急車に運ばれた人もいたとか。
2500人?もレベル差まちまちの人たちが走るので、ラクシャは、あるだろうなぁ。。

後方スタートからの光景・・。
前方のラインがとっても綺麗に見えました 笑。
連なる、人、人、そしてまた人。。。。。
スタートをすると先頭ラインは そうとう伸びきった状態を 後方からうかがうことが出来ます。
もうねえぇ あまりに伸びてこりゃ、あっという間に1周おっつかれるなって思いましたよ。。。
自分が第一コーナーを曲がる時には、先頭はもうカナリ次のコーナー、さらに次のコーナー。と伸びきっていて、こりゃ、見通しいいわ〜 ってかんじで。。。。
完全にもう世界が違うラインで 前に走っている人がいる感じですね。。

サーキット200qの感想は 一言でいうとやっぱり「きつかった」というのが感想。もうね、、、げんなりするの。
合計44周。。。気も抜かず必死で走るから。我慢大会だ〜。
負荷もカナリ高いので。。きついです。
走っている最中は「もう早くぅ終わってくれよーー」って思ってました(笑)
特に20周あたりからは、ま、まだ、半分以上あるのか。。。ってかんじで。。。汗。
でもね、滅多に「自分の脚力とあった人がたくさんいて、ひたすら高い負荷で走れる環境は無い」ので、
いまから振り返ると 楽しかったです。
なんというか凄い良い練習になります。
人間、キツイ。辛いことは忘れる。というのは まさしくこのことか!!!ってホント思いました。
終わった後は、顔面蒼白 気持ち悪いの連呼。。いやぁもう、勘弁だわ って言ってたと思うし。。
あと、みんなでいったのが楽しい!と思わせる要因か。一人で行ったらさびしいし。ここが一番でかいな。

とりあえず、自分のイメージ通りで、なんというか集団をみつけては走る、そして集団がなくなる、またできる、走る、なんとか追う、切れる。又は、また集団が出来てる、みたいな繰り返しだったような。。
とにかく 人が多いから何がなんだかだったけど 同じ脚力の方も見つけるだけ見つけ、頑張るしかない。
もはや勝負とカラム走り!!とかいう以前の問題?
序盤は元気で、とにかく少しでも前の集団に乗りたい気持ちがあって ペースは速かったのは確かです。
残念ながら大きな集団には、いたかというと・・・ そこまでは。
なんだか、人が多すぎてよくわかりません。。。。ライバルが誰か!なんていっている場合でもないし。。とにかく ごちゃごちゃデス。
単独はなるべく避けるようにはしてたんだけど・・・

補給は極力コンスタントに行う。
ドリンクは2本で十分に済みました(高カロリーな水飴ドリンクをコーラで割ってつくったので 甘くてフレーム全体がベタベタになるほどの酷さでした)
ジェルも甘いのを補給しました。 定期的に飲みましたが。1、2回目まではよくても それ以降は口の中が甘くて。。。気持ち悪いです。
やけくそ的な感じで、ハンガーノックに注意しながら 甘い水飴を補給します。
あまい。きもちわるい。。。
手もベトベト。。
自転車もベトベト。。。
しまいには、ホイールまでベトベトしてたみたいで、ブレーキ時に べた付きによる異音がしてたと思います(笑)
(それは自宅に帰ってから、自転車自体が水飴化してて 気づきました 笑)
そんだけ酷かったです。。。。
走っている間は、たくさんのチーム員が声をかけてくれました。
先頭集団には、、何周抜かされたことか。。。汗。
高速先頭集団がくるたびに、モーターバイクの先導車がクラクションをビービー 連打で鳴らしながら道をあけるために鳴らします。
分かりやすいけど 正直、、、チョット怖いです。笑
こんなにクラクションを鳴らされ続けたのも 人生で初です。笑

後半になって、何周目か忘れたけど、1位、2位の女子に後ろから追いつかれたので「やばい。遅れ取っちまったな」という感じ。時遅しよねぇ。。
周回遅れは、、、取り戻しようないじゃんか〜。と 思ったけど 笑
後半持ち直したけど、後の祭りでした。笑
でもね 順位は後からでたあくまで結果であって今回の目標は十分にクリアされて、出し切れたって思います。5時間も走れば色々ドラマもあったのだと思うけど、44回もグルグルしてたら忘れました。笑
なんて小さな脳みそなのでしょう(笑)
回りすぎて、脳までシャッフルされちゃったみたいです。。。。
本当に、30周目以降くらいから 全体のペースが下がった大きな集団があって そこに居たんだけど・・・(実際は100kmの部が抜けたら全体のペースが落ちたのかもしれないけど よくわからないや)
そのペースが 上り区間をアウターでダンシングで乗り切れば、あとの平地やくだりの行程は十分に一緒に走れることが分かったので、
大集団と走るものの、、これもまた、なんか いつのまにか分散されるんですよね・・不思議です。。。
結局 今回はガーミンをお借りしていたので ログをみると、序盤はやたら早い、中盤に中だるみ、後半に持ち直すというタイム記録が見えました。

ゴール後・・・ 本当に気分が悪くなってしまいました。。
こんなにレース後辛い、レース自体が辛いって思うのは 今シーズン初でした。。。
話す余力も無く、とにかく寝たいくらい。。。。しんどかったです。。。
このまま、やばいかなと思ったけどなんとか帰りの車で持ち直しました。。。。
帰宅後は またも蕁麻疹が出てしまいで、体調ボロボロでしたが、
今は着実に元気になってきてます。良かった良かった。。。


そして、皆さんお疲れ様でした
今回一緒にいったメンバーの皆様、楽しかったです
ありがとうございました。
お疲れ様でした!!

一番は やっぱり大きな怪我なく、無事に帰ってこれたことです!
結果が思わしくなくっても 次のリベンジもあるのですから やっぱり元気が一番ですね

結果3位、5時間40分で走りきることが出来ました。
続きを読む
posted by ゆこぱんだ at 00:19| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

富士チャレンジ200 3位になりました!

富士チャレ200キロに参加しました
このての大会は 初めて。
一度サーキット走ってみたかったんよね。
初めての富士SPEEDウエイにかんげきしました。

しかしほんと、久しぶりに
かなりきつい!と思わせる大会で、まぢに44周こたえました!
20周あたりでげんなり(笑)
ほんと久しぶりに堪えたわ!


結果は三位で驚きでした
後方スタートしたのですが女子200が見当たらず、順位はさっぱりだったので。
とにかくごちゃごちゃで、順位は二の次。初だから気にせずに走りました。



しかし体調はよくありません
おわったあとは気分がわるくなり
夜になってほっとしたら、また蕁麻疹が(涙)

完全に自業自得です
反省し大人しくして根本的になおします
posted by ゆこぱんだ at 00:59| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

TOKYOエンデューロ2009 Xmas Edition


本日、参加してきました。
久しぶりのエンデューロ大会

TOKYOエンデューロ2009 Xmas Edition

http://www.tokyoenduro.jp/index.shtml

このレースはチーム戦エンデューロのみで個人戦はなし。
初めて・・・自転車ではチーム戦のレースに出たかも・・・。
自転車レースは全て個人戦出場ばかりだったのと、チームで出場するきっかけってのも無かった。あせあせ(飛び散る汗)
あとは競泳出身だったり、マラソン、トラと個人戦競技が好きだったのもあるんだけど、チーム戦も和気あいあいと出来て楽しい!!って思えました。時にはプレッシャーもあったり、色々なシチュエーションがあったりするのだろうけど。でも喜びも倍、いやそれ以上にもなりますよね。グッド(上向き矢印)楽しいしわーい(嬉しい顔)
一緒に組んでいただいたNさん、ありがとう!
おかげで 楽しく走ることができました。わーい(嬉しい顔)

結果は 優勝しました! 
(140km(28周)完走 通過時間 3時間55分 ave36.以上
2位も28周だったので、びっくりでした。

DSCF0220.JPG

ほんと、うれしいです。素直にうれしい。
優勝って、どのレース取ってみても(侮れなくて) 大変なことで難しいし、大小かかわらず喜ぶべきなのです。
なので、嬉しい!!
わーいわーい。 
素直に喜べて、良い1年の締めくくりになりました。

今回の出場種目は「女子の部 4時間」2人で組みました。
「ざっくり1時間交代にしよう!」と 当日の朝、野さんとあったときに決めました。


____

会場の立川公園の正門に9:30ジャストに待ち合わせ。
野さんを入口で待っていると、携帯が鳴りました。
出てみると、奥武蔵爺が会場に来ている!!!と言うではありませんか!!!! (嬉しい!)
都内から自走で応援に来てくださいました。るんるん
奥武蔵爺殿の優しいスマイルを早朝から拝見できてパワーがみなぎりました。かわいい 3人で運動場(会場入り)し、野さんがレジャーシートをしっかりと持ってきてくれて(感謝)、荷物を置いたり、受付を済ませたりしました。
10:30にはスタートなので 本当にあわただしい。
あわただしいの一言に尽きる。あせあせ(飛び散る汗)

スタートは野さんが快く引き受けてくれて、走ってくれました。ぴかぴか(新しい)
心強く、力強い。。 
レース会場でいつも、力強い走りを見ているので十分に承知の上です。(笑)
そんなスタートをまずは見送りました。
このレースは土日開催ということで、どちらの日程も同じぐらいの人数が参加していたようですが、若干、土曜の方が多かったようです。
800何人かがスタートを切りました。

▼スタートシーン(携帯画像)


野さんを見送ってから、奥武蔵爺殿と普段できないような話もし、それから奥武蔵爺殿が帰宅されるので後ろ姿を見送りました。
確かに待ち時間は寒いものでした。
着こむものを沢山もってきて正解だったのですが、それでも寒い。
だけど、暖冬なのか、やっぱり例年に比べたら全然 過ごしやすいのです。普通にまってられる状態でもありました。
あっという間に、出番が回ってきて、意外と出番が早く感じました。
(ブースを見なかったくらいですから・・・)
自分の前になる寸前に、体を温める為、少しだけ5分くらいだけどランをしました。 走らないと、まじ寒い。
野さんはジャスト1時間程で戻ってきて すぐにバドンタッチ。
ガンガン飛ばしました。
周囲の雰囲気と、有り余った体力で、ぐいぐいと!!。
でも、オフになってからは・・こんな追い込むこともないですから。。。、体が追いつくか・・?
今回は不思議と、小集団に入り込む力があったのか、知らぬうちに集団が形成されていくパターンとか、小集団になるパターンとか、はたまた強力なペースがいるひとを見つけたら、がむしゃらで走るとか。
臨機応変に走ることもできました。
おかげで楽しかったです。
だけどところどころで、立ち上がりが遅いせいで、集団から切れることもしばしば・・・ありましたけど。。。(><)
昔、ソロの部があった時代よりは バラケルせいか安全度合いは取り戻してるかなと 思ったりしました。
ソロの時は、まず、公園内の走行人数が半端じゃなかったからなぁ。。
あと、今回からコースが変わったのもよかったと思います。
直角カーブの砂地が無くなったのは、正解かと!!
ちなみに今日のコースは(土曜開催のコース)と逆回りにしたそうです。
なので、土曜コースよりピットにスムーズに入りやすくなったそうです。(ピット自体は私自身も支障は感じませんでした)
しかし、私が走行していた2時間のうちにも、落車を2回くらいあったようで・・・。私は落車後の通過なので、巻き込まれは一切ないけど、、。そのうち1回は救急車まで来ていました。
そんな中でもしっかり早い集団は(不思議と)常に形成されていたようにも思えます。 
さて、自分の今出来うる範囲でベストを尽くした走りはした!って思ってます。 
レース時間は、あっという間にも感じました。、でも、ちょうどメリハリの付く良い時間だなって。そう思えました!!負荷的にも、交代したいタイミング。
ピットはコースを外れてちょっとだけ迂回はするものの、今回のピット方法だと安全だし、いいレース運営じゃないかな。って思いました。
9周終えた時点で野さんにバトンタッチし、また 休憩をとります。

昼ごろには ミノール氏が自走で都内から応援に駆けつけてくれました♪わーい。
ほんと、ありがとう!ますますパワーを吸収できる応援です。
そしてtomokoさんにも会えました!
ヒルクライムレース以来だったので、久しぶりで、あえてよかった〜。
可愛いスカートがクリスマス雰囲気が出ていました。
そんな間をは挟む形での休憩とはいえども、 やっぱり あっという間に感じました。目
ちょっと冷えてお腹を壊しモードで、このままではレースに支障が出そうな予感の時もありましたが、体を動かしつつ冷えないようにして、うまく復活!!!、残りの後半戦も無事にクリア。
お互い、良いタイミングで野さんと引き継ぎもでき、後半もお互い十分に力を出し切れて、最後まで走り通せました!手(グー)
気を抜かず走るよう心がけて、力尽きることもなく、うまく波長を合わせる様な形で走ったので、やっぱり後半もあっという間に感じました。
きついのだろうけど きつく感じない。
これがレースという場であって アドレナリンが相当、放出されてるのかな?って思いました。
無事レースも走り切って、とにかく、まず一番は怪我の無いこと、ほんと それが一番なのです。
お互い怪我なく、さらに優勝というご褒美まで付いてきて嬉しい!
2位との差も、4分差という感じで、息を抜けない状態にあったとは!!! 自分自身の順位も、走り終えて表彰の名前呼ばれるまでは、全く分かりませんでしたので、うれしい喜びでした。


コラテックジャージをいただきました!
あと酸素水1箱。
特製シャンパン。

久しぶりの表彰台はやっぱり 嬉しい!!!わーいわーぃ。

DSCF0220.JPG

シャンパンは来年度の合宿に持参しますので、みんなで飲みましょうね。

一緒に参加してくれた野さん、ありがとうございます。一緒に走ることができて、楽しかったです。また 一緒に地元で走りましょうね。
よろしくお願いします。

応援に駆けつけてくれた奥武蔵爺、ミノール氏、ほんとにホントにありがとう!!!!!!
女の子2人で参加だったので、さらに盛り上がりました♪

DSCF0223.JPG



ありがとうございました。



posted by ゆこぱんだ at 23:58| 東京 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

2009JAPAN CUPサイクルロードレース観戦

2009102508120000.jpg

2009年 ジャパンカップロードレース観戦してきました!

世界レベルのプロレース。プロレースを観戦しにいくのは人生初でした。
いかにロードが華やかか。そんなスケールを見せ付けられた感じです。
そしてミノール殿いわく、「MTBもこのくらい盛り上がってくれればいいのにな」と。
確かに!!愕然の差だなぁ。
早朝4:50にとどさんと地元を出発し、練馬でミノール殿を拾って会場に早々に到着。
それでも、だいぶ人がいました。
ブースは設営中だったりしてまだ物色とう訳にもいかず、とにかく寒くて寒くて・・という状況。
手袋が欲しいくらいで、この季節にしては 珍しい冬のような天気。
設営前のOGKテントの前でズラリと人の列がある。
「一体、何の順番待ちだろうか?」 と聞いてみると
「新城選手のサイン会」が行われるので順番待ちとのこと。朝から凄い人気。
凄いな。
つい数年前のエンデューロか、こないだ荒川で遭遇したときにサインでももらうべきだったか(笑)なんて思っちゃったり。
そのくらい いまや時の人。注目の人。今後の期待選手。
今回、出場するプロ選手 勉強不足でほとんど誰が誰だか分かりません。
外国人みな同じに見えちゃう。そして皆、ナイスガイ!!
「この方は有名だよね」というレベル認識だったけれど
エースのオーラはやっぱり走っていても違うなって思った。
(色々分かっているほうが 面白さには拍車がかかるだろうなと思った)

 レース開始まではしばらく時間があるので、ブースを見たあとは 軽く腹ごしらえ。
寒くて仕方ないので、チゲご飯を食べた。美味しかったな。
大きな鍋にグツグツとチゲが煮え立っている様子は、よだれがジュルジュルでした。
それにしても、会場の設営トイレが凄い長蛇の列。
100人以上まちの状態で、女性のトイレは待ちが0人。
トイレの男女比率があまりに酷かったので、この状況に見かねて
率先して係り員に「これはどうにかしたほうがいいんじゃないか?」と依頼。
「もっとぁぁしたほうが、こうしたほうが」と言うものの、道路案内のおじちゃんも独断ではちょっと・・・と鈍い反応。
それでも、なんとかしてくれ!と言ったら、ちょっと聞いてなんとかします。という回答が。
誰も何も言わずにまっているのが・・・・律儀というか。おとなしいというか・・・。
これでは誰か漏らしてもおかしくないぞぉ。
さて、そんなこんなでスタートを見るべくコース上へ。
スタート周辺はもはや場所は取れないだとうと、スタート直後の上り始めのところまで歩いていくことに。
そうこうしてる間にあっというまに、古賀志林道に入ってしまった。
スタート直後なのね。ちかーい!
「歩いていけるところまで いっちゃおう」という事で、とことこ山岳区間を歩いていると、
あちらこちらに知合いが!!
まるで同窓会のようだ!!!
まず、ミノールさんが10年ぶりに知合いに遭遇したそうで。
「変わってないな〜」なんて話をしている。
さらに歩いていると、頭上からミスティさん!!
J以外に会うなんて新鮮〜!!
話に花が咲きそうな矢先に、声をかけてきた中村婦人。
またその方は5年ぶり!!
すっごい嬉しかった〜!
なにせ であったキッカケはスピニングだからな〜。
ミノールさんは山梨から東京きて間もないころ?先に中村さんと出会っているはず!
そして ここでもまた話が盛り上がり・・・
そんな形で、選手たちはスタートを切ってました(笑)
スタート直後はミスティさんのあたり(古賀志林道の序盤)で観戦しました。
もうレースも盛り上がるんだけど、ここは同窓会の場か???ってかんじ。
さらに NSGさんにも遭遇するわ〜 そりゃもう あっちこっちあっちこっちですな。

レース序盤はけん制モードですので、主力選手は大きな集団を成して走ります。
そのせいか ゆとりもあるみたいで、後ろの方は話しながら。あのキツイのぼりを楽々と走っているようにしか見えない〜。
一体本気モードはいつからか?と思わせるほど、前半は ずっと集団の塊が崩れません。
でも あんな激坂を上らされたらジワジワ選手の疲労は出てきていました。
表情が 後半勝負では一変するかんじです。
スタート直後から前半は、、逃げの体制で走る日本人。
ということで12週あるうちの、3周、6周、9周と山岳賞は日本人が獲得してゆきます。
トップ集団の数名の間は 最大幅でも3分も離れることなく、大集団がヒトまとまりで来ていたので、
これではいつ吸収されてもおかしくないなー状態でも、ありました。
後半は、逃げ集団吸収し、そこからは、そりゃもう盛り上がりがピーク。
応援もピークで凄かったです!!
っということで詳しくは やっぱり この記事ですね!!

http://www.japancup.gr.jp/node/227


この記事を読んでいると やっぱり見えないところで色々展開されてるんだなぁって。
応援してるときって一瞬で、その時しか判断できないから、
オーロラビジョンで全体みつつ、激坂ポイントを生で見れたらいいのにぃとか 思っちゃったりして。
でも、しっかりラジオ持参で、レース展開が分かりやすくてよかったです。

JAPAN CUP.JPG


【結果】

ジャパンカップ2009結果
1位 クリスアンケル・セレンセン(デンマーク、サクソバンク) 4h06'19"
2位 ダニエル・モレーノ(スペイン、ケースデパーニュ)      +24"
3位 イヴァン・サンタロミータ(イタリア、リクイガス)
4位 ファンホセ・コーボ(スペイン、フジ・セルヴェット)
5位 パブロ・ラストラス(スペイン、ケースデパーニュ)      +40"
6位 ホアキン・ロドリゲス(スペイン、ケースデパーニュ)     +59"
7位 ヴァレリオ・アニョリ(イタリア、リクイガス)       +1'25"
8位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、ISD)
9位 鈴木真理(日本、シマノレーシング)            +2'08"
10位 グスタフエリック・ラーション(スウェーデン、サクソバンク)

山岳賞
3周目 畑中勇介(日本、シマノレーシング)
6周目 廣瀬佳正(日本、宇都宮ブリッツェン)
9周目 小森亮平(日本、ジャパンナショナルチーム)

アジア最優秀選手賞
鈴木真理(日本、シマノレーシング)

U23最優秀選手賞
伊丹健治(日本、チームブリヂストン・アンカー)

敢闘賞
小森亮平(日本、ジャパンナショナルチーム)








posted by ゆこぱんだ at 17:25| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

ジャパンカップ宇都宮三周目山岳スプリント




ジャパンカップ宇都宮 観戦しにきてますo(^o^)o

三周目 山岳スプリントしーん
posted by ゆこぱんだ at 11:41| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

TokyoXmasエンデューロLAP比較【終盤ガタ落ち。前半向上!】

20071229193109.jpg

本日、東京エンデューロのLAP表が届いておりました。
改めて去年と比較して数値をみての感想と課題をあげてみました。

まず、自分の全体的なタイムは短縮され向上していたのは救い。
最終タイムは去年に比べ1分30秒ほど早く走れていました。
もっと掘り込んでみると 1周目はパレード走行。
去年のパレード走行とくらべ今年は約1分40秒多くかかっており ゆっくりパレード走行。
そこまで配慮して考えてみたら約3分速くなったのかな?!(笑)

今年は2時間で14周出来ていたので、やはり後半の2時間で12周ガタ落ちした模様。バッド(下向き矢印) やはり27周は狙いたいところです。

それはそうと、最後の周回が一番時間かかっていました。がく〜(落胆した顔)
よく考えてみると、「これが最後の周だわぁー」なんて息抜き過ぎてたよなたらーっ(汗)。 たとえば「ここで頑張ればあと一周できる」とかなら、がむしゃらなんだけど・・・いい気分(温泉)
周回数重ねていくうちに、よく周囲に居る人もわからんし、最後の追い込みしなかったのは非常に反省。どんな状況でも最後は頑張るようにしよう!!
後半も集団についていけるようにしたいな。 
やっぱ 最初の二時間と大違いだもん。
いや〜、改めて数字っていうのは冷静に分析できますね☆

かわいいさぁ、今年も残りわずかだぁ〜♪るんるん

posted by ゆこぱんだ at 20:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

ツールド沖縄のベストショット発見!掲載!

今年のツールド沖縄のベストショット

tude-okinawa-photo07.JPG

実物画像はA4サイズです!
サイクルスポーツ雑誌の一面に 堂々と載ってマースわーい(嬉しい顔)手(チョキ)
雑誌買っちゃいました〜^^;
記事の内容もよまず、きっちりスキャナーでそこだけ保存しました。
今月はいつものごとく、新車紹介もあることだし、久しぶりにじっくりと雑誌を読んでみようと思います!目

それにしても 満面の笑みじゃ!
それも男の子みたいにうつってるぞ〜。

沖縄は一年の締めくくり。


posted by ゆこぱんだ at 12:33| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

Xmasエンデューロ【2007リザルト】

お待たせしました!
って 誰も待ってないか(^_^;)
リザルトでてました。

■2007年 東京エンデューロリザルト総合■


途中経過がしりたいな〜
でもラップ表は後日送付されてきますのよ(^^)
2時間の時点では何周だったのか3時間では?
ちょっと気になるところ。
確か ノブさんが経過途中のリザルト画像をとってくれていました。
画像でフォームチェックさせて頂いておりますm(__)m
ありがとうございます

二時間以降が 私の今後の課題!?
二時間以降も二時間ペースでいけたら 強い!そうなりたい!!

長丁場のれーすが実際なかなか無い。
私が好きなヒルクラでも長くて一時間半だし。
二時間までなら全速力で頑張れるけど、それ以降となるとキープは難しいわよね。そこをどう、全体の様子を掴んで走れるかが課題となりそう。
奥が深いわ。


レース後に「皆(仲間)のレポートを読むのが好き」です。
レースは 自分自身の立場や視点でしか様子が見えないし、分からない。 それぞれの視点から読むと 私には見えないレース展開があって面白い!!


トップ集団はどうだったの?
リレーで走った人はどうだったの?
応援側からみるとどう映っていたの?
初参戦の人は、どうだったの?



これって やはり走った当人にしか分からないもの。
私がどうあがいたってトップ集団の周回を重ねていく状況なんてわからない。分かるのは、ラップされたときの瞬時の様子だけ。
だから、レポートをみると あちこちの立ち位置から様子みえて凄く面白い。レポート内容が愚痴ネタばかりだと嫌だけど(笑)






各レポート一覧を見る(クリック)
posted by ゆこぱんだ at 11:44| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

2007東京クリスマスエンデューロ大会無事終了!

今日、東京エンデューロ大会クリスマスに参戦してきました。

快晴のレース日和。晴れ
今回はね、仲間が大勢出るんだ。みんなが出場するってこの大会くらいだし、楽しみ。

会場には10時くらいに到着。すでに大勢の人が会場にいた。
受付、セッティングを済ませ、細々なことをしていたら あっという間にスタート時間30分前といったところ。
それにしても・・・あたりを見回しても仲間内に会わないなぁ〜。
スタート地点に並ぼうとしていたら『酉子』さんに会えた♪
事前に「応援にいきますね」って一報を頂いていたからうれしい。
酉子』さんと会う場所ってJの会場がメインだったし、お互い選手を応援したりサポートする立場。私が応援されるなんて!うれしいです。ありがとうございます。
それから、ケッタのヒロミさんともスタート前にたくさんお話できました。美ヶ原以来かな。

去年のスタートの怖さもあったから、慎重に慎重にいかないと。
ミノール氏と同位置にスタートの位置取り。
今回は、ずいぶんたくさんのゲストライダーが来ていました。
しかしこのゲストライダーの方々により、「今まで無かったハイペースだった。」と レース後、聞きました。

いよいよ。スタート。
おととい買出ししておいた、ゼリーをポケットにつめ、さらにフレームに2個貼り付けました(笑)

1周目。
かなりのスローペースのパレード走行。
前回よりかは「位置取りがよかったのか」怖くなかったけど「神経はきちんと張り詰めて走りました」
いろいろな方々が入り交ざって走るファンライドレースだもん。気をつけなくっちゃ。
パレード走行が終わる未舗装区間で「とどさん」が追いついてきた。
お互い「こわいねー」なんて 会話をしたよ。
そのまま、とどさんは前進していきました。

2周目。
ここからがフリー走行。
いくぜ。いってやるぜ!ゆこぱんよ!!手(グー)
ミノール氏はここから前方に消えてゆきました。
私だって、気を抜かず走る。
そして、私のいた集団は大所帯なのでした。

3週目以降〜・・・
大勢の大所帯の中で走ります。珍しいかな。こんなに多いのって。
ペースもそこそこ速い。自分が先頭にでてひっぱるなんて、そんなのできる余裕は無いペース。
ついていく、前方にいく、離れそうになれば必死で追いかける。心臓が落ち着いてくるまでの辛抱だ。
そしてもう そこからは自分が何周回目なのか数えていないのでわかりません。ただ、走るのみ。ここから何かを学ばなくては。そういったレース。私にとって。
このオフシーズンに4時間の強度は高い。だけど この機会で習得しなくっちゃ。
前半の2時間は始終、がしがし必死に彼らと走った。
そんな中、ちゃるさんと、マッチャさんとも走ることができた。
よかった。レース前に会えなかったけど、レース中に会えたよ♪
苦しい中、酉子さんの声援もきっちり、全部聞こえた。
やっぱりよく聞こえる。すごく声が通る。どこにいるのか、わかる。
反応ができなかったけど凄くパワーもらえた。
たろこさんは、スタート地点にいて、写真を撮ったり、声をかけてくれた。きっちりわかった。
うれしいねーあっちこっちで応援してもらえるなんて幸せもんだよ。私は(;。;)

どのあたりか忘れたが、トップ集団に周回遅れで抜かされるたびにトップ集団の少なさに驚いた。
昔だったら、凄い人数がトップ集団となっていたのだ。
それもはやい。
後できいたら、ゲストライダーが相当がんがん引いていたので、例年にないペースだったようだ。
だからか、私の走っていたあたりの大所帯は・・・ここに起因するのかも。

2時間以降〜
ここからのレースはつらかった。
2時間の部の人たちが下がり、集団が一気に小さくなった。
それどころか私自身、足が最高点に疲れていた。
すでに、集団についていけない力になっていたのだ。
2時間での消耗が激しかった。
だったらペースが速すぎるんじゃ?というところだけど ついていかなきゃレースにならないし。
いくところはいかないと。
ここは、無理についていくように無駄に力をつかわず、この先はもっと苦しくなるので、少し落ち着かせることにした。
というか、足が動かないってだけですが^^;
たぶん、ラップタイムをみれば後半の2時間が激落ちは間違いない。
後半2時間はほとんど集団走行はできなかった。
偶然にも少数人数の塊になれば、一緒に走るようにしたし、極力その方向性でいきたかったけど難しかったかな。
足がつらい。
リラックスさせるため、休めるためのダンシングをところとっぱし入れたりしながら走る。
残りの2時間は、「つらい」に尽きるといったところでした。
早く終わらないか。
あと何周できるのか。
そんな気持ちと、乗り越えるということしか考えませんでした。
そんなこんなで、26周完走。
後半激落ちのレースだったけど前半2時間についてはよいレースができたし、無事走りおえ、満足でした。

■反省点その1
パレード走行中に、道路の凹凸の衝撃だけでボトルが落ちてしまった。
結構ショックだった。ふらふら
あたしこれから4時間走るのよ。。。。
もう1つボトルをもっていたけど、そのボトルの中身は水を半分しかいれてなかったの。もうやだ〜(悲しい顔)がーん!
だから4時間、この半分の水で乗り越えました^^;>ボトルゲージはしっかり確認しよう!
そして、ゼリーは6個も消費していました。
胃が気持ち悪くなりそうでした(笑)
エネルギー枯渇だけは避けたかったので。流し込みました。

■反省点その2
さて、今回のレースの問題は、「走っている人たちの種別ができない」ことだ。
ゼッケンが胸に貼っていて、「2時間の部なのか4時間の部なのか、リレーなのか」まったくわからないのだ。
なんとなく前半走っていたときは、自分がトップだろうな。と思っていたのだが、

結果からいうと、2位だったのだ。

そう。。。
なんと、最後の周回で抜かされていたのだ。
あたたたた。やってもうた。
わかれば死に物狂いで追いかけて、最後の最後の力を振り絞ったに違いない。気づかずにという、なんか、どうも愕然としないけど、これも実力ですな。実力あれば追いつかれることもないんだもん(笑)
 ここだけは残念だが後の祭りじゃな。


でも この時期のこのレース。走りきれて満足満足。(これは本音!)
いい締めくくりになったし!

そして応援してくださった皆さん、ありがとうございます。
レース後にも、また、普段レース会場であるロードの方々にもお会いできたりしたし。ノブさんにもお会いできました。

ほんとに 寒い中 応援していただき ありがとうざいました。
苦しかったけど うれしいレースでした。
今回のポイントはやっぱり 嬉しいというところもあるかな。

20071215154306.jpg

PS 立川で夕食をとったのですが、花火が打ち上げられていて、冬の花火を鑑賞することができました。ラッキーでした。
  たぶん、昭和記念公園でイルミネーションイベントがやっているので、その花火だったんだと思います。
  ホントきれいでした。
posted by ゆこぱんだ at 23:29| 東京 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

【ツールド沖縄】フォト集

オールスポに画像が掲載されていました。ツールド沖縄。
なんか見ていたら、ドキドキした気持ちになりました。
ツールド沖縄のメインホームページには「動画」までありました。
(詳しくはHPに全カテゴリ動画あります 見てみて〜)

★画像はきりがないので身内のみに限らせていただきます。


◆市民200km
citizen200-start.htm

◆市民女子50km
woman50-start.htm

市民女子の画像(自分【笑】)

yukiko4.jpg yukiko1.jpg

yukiko5.jpg yukiko6.jpg

◆200km市民 ミノール。

minoru1.jpg minoru2.jpg

◆130km市民 ふじwさん。

fujiwa1.jpg fujiwa2.jpg

fujiwa3.jpg

◆130km市民 MATSUさん。

matsu1.jpg matsu2.jpg

◆80市民 岩○さん

iwa2.jpg iwa3.jpg

iwa1.jpg

★80km すぎ。

sugisugi1.jpg sugisugi2.jpg




100パーセント完走。 お疲れ様でした。
また、どうぞよろしくお願いします。




posted by ゆこぱんだ at 22:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

ツールド沖縄を終えて(レースレポート)

<参戦レース:市民女子50km>
___________

レース当日
___________



晴れ渡る空。風は強い。
「晴れ渡る」とは言っても起床する時は真っ暗である。
4時45分起床。着替えと食事を済ませる。
宿泊先から名護の会場までは車で20分走る。
私達の宿泊先はリゾートホテル。その規模の大きさと「パック旅行」はボーイまで居て 至れり尽くせりである。
建物内は南国を思わせる装飾。見上げると吹き抜けになっている。
屋内プールに屋外プール。ジムや大浴場。海沿いに面したチャペルまである。夢のようだ。
「ホントにレースに来たのだろうか?」なんて思っちゃうくらいだ。

夜明けと共に、会場でのバイクセッティング。
短い時間ではあるがきちんとアップも怠らず。ミノール氏と走る。
レーススタートまでの時間ってホントあっという間だ。
「気づくと自分の出番」といっても過言ではない・・・。
私より前にスタートする「男性国際の部。200q。50q。シニアの部。」
200qには今年もミノールさんが参戦。それから他の知り合いもたくさん出ている。
『200qは極限られた人しか完走も出来ない』
走りこんでいたって、上位のレベルの中でも厳しいそんなレースなのだ。だからこそ 憧れの200qでもあるのだろう。
 そして200qという距離を達成すべく 色々な人たちが色々な想いで この1年間、この200qに向けて頑張る。
たとえ完走出来なくたって、200qにチャレンジする心意気は 本当に凄いことだと思う。

市民女子スタートは、7時10分スタートだった気がする。
女性は100人ちかい選手がスタートする。
=== こんな大人数のレースがどこにあるだろうか?===
女性だけで、これだけの規模を要する、そんなロードレースは沖縄だけなんじゃないでしょうか。


スタート位置、私は2列目くらいを取る。
集団の前半部分に位置取りを取ろうと思ったからだ。
同じチームメイトは私にはいない。
一緒に練習してきた仲間もそこにはいない。
でも そんな女性は大勢いる。
大半がチームに女性は1人、2人という存在も少なくない。
プロのレースと市民レースは勝手が少し違う。
だけど、スタートにたって同じ気持ちでスタートするのには変わらない。どんな計画でここまできたのであろうと、同じスタートにたてば皆がライバルだ。

  ****

スタート直後、前半をキープして走る。
ところとっぱしで先頭を引く。、
うまくローテーションってかんじではない。
時には下がり、でも下がりすぎず、うまく外へそれる。

2年前に完走した 沖縄50KMのコースをすっかり忘れてしまった・・・。
一体 沖縄のコースどこが山場だっけ? なんておもっちゃったり、
{え?こんなところに上りあるんだ?}なんて思ったり・・・・
なんとなく うる覚えなコースを、なんとなく走ってしまったので、距離の計算が出来ていなかった。
すでに失敗点1である。
この前も書いたが、女性100人の集団はあまり動きがない。
後方でかたまれば、いくらでもそのままいけるわけだ。
だけど 今回それは私はやらなかった。
うまく出られるときは出て、でも出てもなかなか循環しない。
 自分の中ではきちんと緩めてはしっていたつもりだった。
しかし 現実的に足自体は・・・ 疲れていたのだ。
自分の意識外のところで。
  大丈夫だとおもっていたのに・・・。
レース中はすごく心拍が高いのに、それすら「辛いと感じない」
それが、また大きな落とし穴だった。
・・・不思議だ。きついと思わない。・・・ 
オーバーペースに気づかなかった。。失敗点2である。
レース後半に突入し、何キロ地点だかはわからないのだが、悲しくも足がつってしまう。
そのとき前半 前にいすぎたことを悔やむ。
悔しい。なんとしてでもペダルを回したい。何をやってるんだろう。 そんな気持ちがグルグル。
足をたたいてみたり、あえてペダリングをかかとを落としながら走ってみたり、ごまかして走るしかないのだ。
ホントにつってしまったら最後。 集団から切れる・・・。絶対それだけは駄目だ。
ここまできて。。悔しい。
そんなタイミングで、長めの上りのところで 駆け引きが入ってしまった。
そう。。 悲しくも集団から切れた。。
積極的が裏目に出てしまったのか。

しばらく走っていると、一人じゃないことに気づいた。
オーベストのAさんが後ろから追いついてきて声をかけてくれた。
とても気さくな方で私個人的には 「選手としても人としても好きな方」です。
お互い一緒に走っていた。
心の中で「一緒にゴールまで協力して走りたいな」って気持ちになった。
しかし もっと気づくと、人が多くなっており第二集団が形成されていた。
よく覚えていないが、同じ面子のみが なんとかまわして第二集団で走ることになる。
スタートにつけば皆がライバルだけど ひとつ目的が代われば協力する仲間 そんな気がする。
どうやって この10人満たない集団でゴールまで走るか。
私の想いはそれだけだった。


走っていて 意外とゴールまでの距離があったことに驚いた。
15KM、いや20q?あっったようだ。
随分はやくに私は切れたのだな。。 そう思った。
海沿いに出て、街中にはいり、最後のゴールのストレート。
みんな牽制モードで、最後のスプリントになった。
順位はわからないが、十分よくやった。そう思う。
ゴール直後 ある女性と「ありがとうございました」って声をかけてくれて 握手した。
彼女もまた懸命にはしっていた そんな一人だった。
協力して走りきった気持ちが 達成感につながったのかもしれない。
不思議。
積極的に走れた分、失敗もしたけど、嬉しさもあった。だけど悔しさもある。
ロードレースって不思議だ。
もっと走れるようになったら、モット面白いのかも。そう 思った瞬間だった。
第一回目に完走したの時とは、大きく成績は下がったけど楽しかった。

無言の協力がレースの中には存在することが今回はじめてわかった気がする。

ありがとうございました。
年にたった一回の沖縄でのチャンス。
楽しかったです。

続きを読む
posted by ゆこぱんだ at 13:23| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ツールド沖縄】観光編

恒例の「観光」レポートです。
 レースレポより先ですが、そちらは慎重に後ほど書くことにします

沖縄滞在の最終日は「観光」に徹しました。
こうやってゆっくりと体を休めること。
気持ちをフレッシュさせること。
とっても大事です。
自転車以外のひととき。そんなのもまた新鮮。


◆沖縄の街並み
 
20071112161348.jpg

 沖縄本島は「ツールド沖縄」が無ければ、私は「遊びで・旅行で」行くことは無かったのではないか?と思います。
自転車を始める前、本島に行ったのは「宮古島や、久米島、石垣等へ」離島へ行くまでの「乗り継ぎ地」でしか行ったことが無かったのです。
なので、ゆっくりその地に足を付くなんて、ありませんでした。

 ツールド沖縄の帰り際、観光をかねるようになりました。
それでもまだ 帰りがけということもあり、要所要所を押さえて行ってはいますが。
 次回行くときは、もっと奥地(自然地帯)を見てみたいとおもっています。 本島といえば「にぎやかな所」「東京都変わらない活気のある町」みたいに私にはうつっていたのですが、
南国地らしい趣もきちんとあります。
町全体の色は、クリーム系。
なんだか私には、沖縄より南は、あわーいクリーム色系という眩しいイメージがあります。
ちなみに那覇よりもっと先、離島は同じ沖縄県なのに「別世界」です。
ぜひ、行ってみてほしい。
離島は行けば、離島の独自さ、ほのぼのさに はまります。
そのくらい素敵な島々です。

 3回もツールド沖縄に行っていて首里城は行かなかったので 今回は足を運んでみました。ゆっくりと。

DSC00534.JPG


色彩豊かな明るい王殿です。
http://oki-park.jp/index.html#syuri
(詳しくはここで)

ちなみに王殿内にある、これ、すっごい急な階段なんですが!!
っていうか はしごにしてほしい。。。


DSC00532.JPG


続きを読む
posted by ゆこぱんだ at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

「悔い」を変換させる

20071112161348.jpg
沖縄が終わった。
ひとつの大会が終わった。

悔いはないと書いたけど
真実であり嘘でもある。



レースが終わると 沖縄に限らず しばらく頭の中で何度もレースのシチュエーションを巡らせるときがある

あのときあそこまで足を使わなかったら 後半耐えられた


なんて考える
確かにそれは失敗の事実
しかし 自分をコントロール出来ずに走っていたのも事実

経験不足だといえば それまで
場数もあるのかもしれない
それも分かっていてのこと
いわれたこともなども事実
巡らせる


あの時 こうしなかったら ああしなかったら
なんて考える時点で 悔いはないは 嘘
悔いる言葉は後ろ向き
でも失敗は 成功以上に
自分自身へのプラスになる

悔いの気持ちを
次はこうしたい ああしたいに変換させて前向きに考えることが一番大事
悔いるはパワー


次はこうしたいと思うから
それが次のステップになるのだ
posted by ゆこぱんだ at 10:20| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

ツールド沖縄ユコパン速報

20071111130027.jpg
「速報」なんてかくと 優勝 ハタマタ…落車かと思われそうですが、
20着でした^^;


いや〜今回は私的には 積極的にでていったので…オーバーペースでした^^;
去年の落車のせいで 真逆戦法に出ちゃったあ
先頭によく出ていたお陰で 怖い思いなし コーナーもたいていトップにいたので^^;(笑)
難しいねえ
とりあえず 前にいるのが予め作戦でしたが…
90人近く出走してて、なかなか団子で奥に入ると前にでるのも大変

というかね… 集団に動きがないのです(>ε<)
ハマるとはまったまま
なかなか 動けません

出来れば全体的に循環する動きがほしい
そしたら 下がって後方にいってもいいんだが 外側からの上がりがなかなかない…
でも焦ってしまう私が未熟です

だから なるべく 動きをもとめる人は外側にでたがっていたんじゃないかと思います^^
う〜ん うまくまわればなあ…
なんて思っちゃったりして(笑)

前にでるひとたちはお決まりなきがします

でも力があれば きっとうまく最後までレースを展開できるんだよね
私と同じ位置をキープする女性も ちゃんと最後までのこれてるんだもん
でも 最後まで先頭集団で走ってナンボだよね
私の場合は特に完走レベルは卒業して 勝ちにいく そういうことをきちんと考えないと;


 
一回目の沖縄のときはついていくのがいっぱいいっぱいでも 今年よりタイムも順位もよかった
今年は力がついても 前半前へ前へで 自分自身の実力をみあった走りができなかったかも…
もっと考えた走りをしないとです…

ロードレースって難しい


後半から第1集団から離脱してしまいました(>ε<)

きづくと第2集団結成

きづくと10人くらいいた
全体では回す気配もなく そのうちのお決まり数人でローテーション開始
出来ればみんなで協力してまわしたいけど なかなか前にでてくれない

難しいのは仕方なし
これがロードレース
自分自身がひいても ついても 駆け引き全てがロードだから


分かっていますがゴールスプリントになってしまいました

とりあえず 順位が一番あがろうが さがろうが 私は ゴールを出来れば良いと思いました^^
そう。 ロードレースとしては既にまけているのです
私の勝ちにいくレースの意味としてロードレースとしては…
勘違いしないでほしいのが手抜きしてるわけじゃありません
精一杯出来ることをやるのがモットーなので^^;

以前 人と比較されるのは苦手と書いたことがありますが
レースでは別。
難しいけど意味合いが違うのです^^;


第2集団で ゴールを落車なく出来たらいいなって思いました。

声をかけてくれた仲間
ついて!と引いてくれた仲間
言葉をかわさなくても 一緒に協力して走りたいと思う気持ち
私 今回のレースではそんなことをたくさん感じて学んだ

個人ではない
ロードレースは集団になればチームプレイ
チームで女性が一人なんてよくあること
だから その時々で息が合いそうな仲間をみつけて走ればいいのだ。
むしろ今の私にはそうするしかない

積極的にレースできるのは楽しいかも
だから 一回目よりすごく楽しむ余裕があったのも事実


来年は ものすごく力を付けて積極的に さらに 積極的になるぶん 自分自身の器を広げて挑戦したいのですo(^-^)o



ゴール後の団らん
現地では blogみてますよ〜なんて女性からこえかけてもらって嬉しかった
沖縄初挑戦で完走の話をきけば
私もなんか嬉しい気分
また色々な強いチームの方々とたくさん話せてパワーもらいました

強い人は心も強い!
私はまだまだ弱いですね



あくまで私の視点からの偏った感想かもしれませんがご了承下さいm(__)m
たいしてロードを分かってないのに偉そうなこともかけないんだけど…^^;

今年は楽しい沖縄でした
気持ちの中では沖縄終了でオフシーズンにして リフレッシュさせます
つまりレース減らします^^;

絶対リフレッシュ期間は私には必須なので…
モチベーションをたもつ大事な要素です
オフにたくさんやりたいことあるよ〜
色々みなおしたい。自転車(笑)オイッ結局自転車かいっ!


そして春先にレースにでたくて仕方ないくらいにもってきますのよ(笑)ウフッ



さてミノールさん200km完走!
くたくたお疲れモード。
かなり良い順位でゴールしたんぢゃないでしょうか!
結果は後ほど
posted by ゆこぱんだ at 13:12| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

那覇は晴天!ベスト尽します!

20071110115533.jpg

那覇に着きましたo(^-^)o
沖縄は晴天です!
朝から色々トラブルありでしたが なんとか 受付も間に合いそうだし ひとまずよかった♪

ところで 飛行機のフライト待ち渋滞がすごかったです(>ε<)
私が乗っていた飛行機がフライトする前に9機ぐらいフライト待ち
前に 飛行機の列が……

もはや 空までが渋滞し 地球がこわれないか心配です(-_-)


朝 羽田空港までバスでしたが 運転手の予告した通りに到着してビックラこきました…


最終の第一ターミナルに6時10分ジャスト到着
一分のずれも無し…


さあ これから会場にむかいます!(☆o☆)
posted by ゆこぱんだ at 13:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

【群馬100km】ロードレース報告

群馬ロードレースの感想です。
なんだか毎度「同じような感想」になってしまうので今回は簡潔に^^;


今回は、なんくるの杉さん、ミノさん、ゆこぱんの3名で参戦してきました。
私もとても久しぶりのロードレースで緊張気味です!?
前日入りして、群馬に合宿にきていたサブさん御一行とも会うことが出来ました。
サブさんメンバー、大勢できていらっしゃっていたのですが、レースに参戦しないようだったので残念。
来年は是非、でましょうよ。せっかくの群馬なのだし。(ここ見てるかわからないけど)

前日は試走しました。6周したかな?
テクニックの基礎アドバイスをもらって、怖さが少しずつ少なくなったけど・・・
なにぶん、ヒルクラオンリーばっかりだったので・・・。
すっかりクライマー揺れるハート
レースでは 下りちぎれパターンで終わってしまいました。
 う〜痛いところだ。
もったいない。
凹みますわ。レース以前の問題なので・・・。
ここさえマスターできれば、集団走行は可能なので、不甲斐ない結果でした。
結局は「完走しました的」でおわりました。
レースでは8周回するのですが、先頭集団とすれ違う位置もほぼ似ていたので、その後のレースとしてはそれほど開きがひらかなかったようだけど、、、
課題山積みです。
ひとまず2週目の下りで置いてかれたので、その後は、ずっと一人でしたかな。。。。
でもたびたび 大きな波(ベテランクラスの追い抜き集団)がくるので、その波に乗るかんじでしたが。。。。目
あまりにベテランクラスなので、その波はあっという間に私を追い越してゆきます(笑)

なにより、今回はじめてですもん。
去年は、F.E.D クラスとレース時間が重なったけど、
今年はS/A/B/Cと。
あのね、、、抜かされたときとか「自分が停止している」ように感じたくらいですよぉ〜。がく〜(落胆した顔)
そう!!!!!
集団に抜かされるたび、
 この速さの違い!!!に驚いた”””””

なんというか、ベテラン級は 「いとも冷静に私をかわしていくのよね〜。」
ん〜、たぶん、邪魔なんだろうな・・・。
障害物・・・ってかんじで。
でも、ほんと あの走りのうまさってすごいわ。グッド(上向き矢印)
去年なんて あちこちのスポットで応援したけど、自転車とは思えないね。
モーターバイクよ。るんるん
なんだか、ハイレベルは遠い存在なのだけど、身近に感じたレースでした。

 そんなスタート前の画像です。
 写真なんて余裕こいて、とってます・・が。。。 心拍は100前後してました。

20071014123252.jpg

 地道にまた走ります。
 自転車は楽しいですね。
 時間をかけてでも、乗りますよ!



posted by ゆこぱんだ at 07:00| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

群馬での癒し系♪

今回は13−14日で群馬ロードレースにいってきました。
実は、今年初のロードレースでした。
まぁ、そのレースレポートはまた後日ってことで、群馬ではネネちゃんに癒されました〜。

 そのネネを紹介しまぁす☆

20071013162535.jpg

ほんとね、人懐っこいの。
お世話になった宿のお犬様。
わたしたちがくるなり、大喜びで尻尾ふりふり。
大きな犬小屋?から 一生懸命、「こっちきて!こっちきて!!」といわんばかりに、うるうるした可愛いお顔でこちらを見つめるのです。
惚れました!!!!!
(女の子だけど)

またこの子が大きいこと。
立ち上がると、私くらいの身長はあるよー。
わたしは155くらいなんだけど、、、そのくらい いきそうです。
そのくせ、おとなしいのね。とてもいい子です。

いろいろな所をナデナデしてあげると、
こ〜んな顔に・・・・わーい(嬉しい顔)右斜め下

20071013162454.jpg

ほんと愛らしい。そして、癒されるね〜。
柵から顔をよじらせて出してくるの。
「もっと、相手にしてよぉ〜っ」て。
ほんと可愛い子でした。
帰りもちゃんと見送ってくれました。

また元気でいてね。
また会おうね。


そんな群馬の癒し系のナンバー1でした〜。



続きを読む
posted by ゆこぱんだ at 01:38| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ロードレース  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。