2006年07月26日

J1さのさか今週末!&栂池ヒルクライムルート検討

Jシリーズ 『サノサカ』までカウントダウンとなりました手(グー)
今週末あたりに梅雨明けしそうですあせあせ(飛び散る汗)晴れ

このレースが一段落すれば8月はすこーしだけひと段落。

●懐かしい【2005年のさのさかレポート左斜め下左斜め下
http://yukopanda.seesaa.net/article/5506366.html


去年と今年、私自身がバイクにたいする見方や考え方が接する時間が増えた分「色々な点で」変わりました。だから、去年とはまったく違う感覚でサノサカのレースを観戦することになると思います。
今はコンディションを精一杯整えて ベストな体調を整えてくださいネ揺れるハート

そんなこんなで私は前日のサイクリングマップチェックexclamation
今回はロードバイクを持参しようかMTBか迷う。

栂池ひるくらをチェックしてみたら さのさかから結構あるなぁ。

さのさか→白馬駅までは約8km
白馬→栂池までは・・・・。
合計で30kmは片道は余裕でいきそうかも。
どーせなら栂池自然園まで行ってみたいけど
自然縁でプラプラする時間も考慮して往復4時間みておいたほうがいいかな?
ヒルクライムだからもっとかかるだろうか。。 
4時間もふらふらする時間はあるのだろうか。。
まぁ、間に合わなければ引き返せばいいから気楽にいこうっと


【マップ参考はここ↓】
(何気に去年も調べているが白馬駅までの往復ランニングでした)
http://yukopanda.seesaa.net/article/5422164.html


posted by ゆこぱんだ at 00:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Jシリーズ・MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

第4戦J1富士見パノラマXCレースPHOTO集

ぴかぴか(新しい)スタートからレースシーンまでぴかぴか(新しい)
動画を静止画として掲載しました。(後でHPにもしておこうっと)

◆召集され、ポイント順にスタート位置に並んでいきます。
 名前が放送されピットイン。緊張・・・

1.jpg
待つ選手達
2.jpg
スタート前の様子。
3.jpg

◆選手たちが砂埃をあげて一斉にスタート。
シングルコースは最初混み合い押しになるという・・・ 

スタート.jpg
スタート2.jpg

コピー 〜 スタート3.jpg

スタート直後から上りがはじまる。
SANY0015.jpg

◆サポート地点を通り過ぎ、シングルトラック→ふたたびスキー場のコースに出てきたところ。見上げるところまで選手はのぼっていく。
3周目
2周目1.jpg

2週目みの.jpg

2周回みの けんじゅ.jpg
4周目
4週目.jpg
7周目くらいの竹谷選手。
竹谷選手.jpg
今回は白石選手がダントツトップでゴールを切った。。。

<撮影コメント>
今回、レースにデジカメ動画(サンヨーMZ3)を投入してみました。
サポート兼撮影のため、どうしてもエイドポジションの周辺撮影しかできず、見所のシングルトラックやテクニカルなコースの撮影はできません。
今回も、スキー場の芝生、上り調のみの撮影をしました。
また、デジカメ動画はズームもききませんので小粒ですが、レース時のぺだりんぐやフォームを見るのには十分適しております。
今使用しているCF120MBだと4分くらいしか動画が撮れないので、次回またサポートする際までに1GBまでサイズをあげて、色々なメンバーを撮ってもいいかもしれないなーっと思った次第です。続きを読む
posted by ゆこぱんだ at 02:01| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Jシリーズ・MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

第4戦J1富士見パノラマXCレース報告

第4戦の富士見パノラマでのレースサポート行ってきました。レース日6/4
土日ともに暑い天気でレース日和。選手にとっては暑すぎるかな?という天気でした。
s-SANY0018.jpg
MTBコースは本当に、ハードコースで、見ているだけでゾッっとします。
パノラマスキー場の上の方までコースがあり、急勾配とバランス感覚、テクニック、体にかかる高負荷は他の競技に比べ・本当にハードだと思います。
やってもないのに何でわかるんだって。。思うかと思いますが、
私なんて、あのバランスの悪いところちょっと走っただけで心拍180超えて、呼吸困難?!になるんですから、あれがレースだとおもうだけで気持ち悪くなりそうです。ぅぅぅぅおぇ。。
私自身、人生の中で一番ハードだったと思うレースは、ロングトライアスロン(スイム3.8km バイク190km ラン42.195km)
でもMTBのほうが、もっと苦手だなぁ。。なんか。
私的にはロングのほうがマシだろうなあぁ。
結局は好み・・かぁ。
体力勝負っていう、、技術はなんか無くても・乗りこなせてしまうからなぁ。


さて、そんな話はさておき、MTBレースを見たばかりなので興奮気味です。
あたしも何かしなくちゃ!!って気になります。
サポートできて、今度は私ものるぞ!!!ってかんぢ。
応援も大好きですが、あたし自身も動く方が大好きなので、やっぱやらなきゃね!
っということで、土日はおとなしくしていたわけでなくMTBを持参してレース会場へ行きました。
一見したら、私立派に選手みたいにみえますです(笑)
前日の試走の日は、入笠山を1本ヒルクライム。
一人だったしマイペースにあがったけど 調子はよくわからない。
あまり踏めなかったような、進めなかったような・・・?
レース当日も入笠山をヒルクライム後、レースサポートへ。
結局のところ、土日でヒルクライムを1000m→1800m頂上の山登りを2本のみやりました。 
なんだか、本当に富士で上れるのかわからんくなってきたけど、まぁいいやーっ。
楽しもう。前回よりもタイム向上でいきたいけど あんま考えてもショウガナイ
 もういまさら、遅いぞーっです。(笑)

○エリートクラスの出走はpm2:00遅い。。
 スタート前の緊張は私もなんか緊張・・・。ほんとどきどきしちゃう
 
 スタート後、砂埃を上げながらエリート集団がガガガーットのぼっていきます。
私は補給場所で待機。残念ながら補給場所はスキー場のコースしか見ることができません。裏のシングルトラックはどうなってるんだろうなぁ・・・。
トップでは格段の差をつけて走る、竹谷選手。白石選手とのバトルでした。
ずばぬけて早いです。世界が違います。
電化、K田さん、K10さん ムリくん、ミノール 着々と、なんというか知り合いがやたら同じ位置でかたまって走っているので、みていて面白い。
すぐ目の前にいるよーー。って叫びたい感じです。
知り合い密集、バトルバトル!!
みんな4周回でタイムアウト
私はミノールさんのサポート。みていて、調子よさそうに見えたよ。
スタスタと上れていたように見えた。
普段、J以外のレースだったら、どんなレースでも上位へ食い込む人たちなのに、
Jレースは厳しい。。
トップ集団の熱い塊・・・っ。どの人みても、すごい早い方たちばかりなのに、
その中で争う厳しさ・・・。
ほとんどのエリート選手がタイムアウトされていくのだ・・・。
信じられません。。。。。。
厳しい世界です。ひぃーー。。。。
見ているだけで 走っても無いが、気持ち悪くなりそう・・・。しかし懸命な姿をみれば私も力がもらえそうでやる気がでます。
みんなポイントももらえたし、まだこれからですね!!
また応援させていただきますよっ。
そして私もエネルギーに変えるのだ!!

本当にお疲れ様でした次は田沢湖ですね猫
ps画像は後ほど追加掲載します


posted by ゆこぱんだ at 10:54| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Jシリーズ・MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

雨天の稲城里山

予報通りの雨雨
わかっていたけど 降りはひどくないようだ。
五日市は取りやめ、短時間でスパッと、安全性を重視してMTBでお出かけるんるん
ロードからMTBに乗り変えるとズシッ おも〜っあせあせ(飛び散る汗)
今日は初めて稲城の山のオフロードに行ってみたけど、嫌いなのによく行くよな。。と思いながら向かう。
逆に雨だからこそ、行くかって気になる。不思議と・・・
雨でロードに乗る気は起きないし・・・
一応決戦ロードバイクも兼ねて1台なので掃除も面倒だし・・・
富士見以来 ブロックつけっぱだったこともあり、短時間で効率よくいこーってかんじで行って見た。
不思議と迷わず到着。
しかし、山の中の滞在時間20分。おそるおそるで怖いと思い、歩いてしまったんで。(それもたいしたとこじゃない道だよ)
山の中は分岐が多かったが、なんかまぁ、勘でいくか勘っってかんぢで。
雨のせいか、道がヌメヌメ。。。ズルズル・・・・
こういう土みたいなところ乗るのはハジメテカモ。。
以前の富士パノの林道は、道がガレていて、ヌメヌメ道じゃなくてジャリジャリ道で石がごろついて滑る感じだったけど、、
土は土でつるーーーんって感じで
あぁ勘弁。
すぐ元の道に引き返しました。
きっとエリートライダーなら どんどんいけるのかしら?

人は誰もいませんでしたが、雨の中のライドも面白いかも。
それに、お遊びMTBなので神経使わないし、どんどん汚れたまへ!ってかんじです。
家にかえってから がんがん水で汚れをおとし、綺麗さっぱりー
オフロードはたいして走らないで逃げて帰ってきたけど
楽しかった〜ハートたち(複数ハート)
posted by ゆこぱんだ at 20:16| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Jシリーズ・MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

第2戦J1箱館山XC【レース】

当日のレースはエキスパートが10時半スタート エリート1時。
エキスパはマイク。エリートは電化さん、キッタさん、ミノ、むりくん4名。んががががっ みな頑張れっどんっ(衝撃)
クリスマスレース後マイク&レース前みノー左斜め下ミノー&ゆこぱん
レース前2.jpg レース前1.jpg

コンビニで最終補給食を買い込み、私はそのまま、またヒルクライム練習を兼ねて林道から現地へ向かう。選手とは頂上で合流だexclamation×2
今回は上っているとエリートメンバーがアップを兼ねて林道を走っている人が目立つ。オフロードの上り地点では無理君と会った。
私がバイクを引きずって歩いてるのを見て笑顔で挨拶。ザザザーと駆け抜けてゆく。んんーっ。なんか皆さん世界がちがうっ。
MTBのレース観戦は結構楽しい。私は毎回サポートなので、サポート地点から動けないのだが、周回タイム時間を予測して補給を渡すタイミングを考えているとレース中のサポート時間なんてあっという間に過ぎます。
ただ、他の地点(面白いテクニカルコース)で観戦が出来ないのは残念。
後からシングルトラックのコースを見に行くと 歩くのでも大変だっていうところを選手が走っているんだぁ。って びっくりします。
崖みたいなところもあるし、やっぱロードとかトラとは全く別次元です。
左斜め下チーム右京さんチームカー
レース前3.jpg

エリート軍団のスタート
猛スピードで走りぬけ、砂埃が立ち前が見えなくなるほど。去年エキスパ中心に応援していたのとは やはり 違って凄いことになってます。
あっという間に選手が遠のいてゆきます。
今回のお仲間軍団はみな周回するたびに同じ順位あたりに固まっていてみていて面白かったです。(選手は必死ですが)

左斜め下スタート後のリアルタイム画像。

スタート1.jpg

スタート2.jpg

スタート3.jpg

スタート4.jpg

スタート5.jpg

スタート6.jpg

スタート7.jpg

スタート8.jpg

スタート9.jpg

スタート10.jpg

んんっ。だーれだぁっ。
みの.jpg
あぁあんな上までコースがあったのね。拡大図。
MINO.JPG

このハードなコースを最後まで見ておりましたが、最後は竹谷選手と白石選手の一騎打ちになっていました。
みんな健闘しました 調子がどんどん上がっていきますね
そしてハイれべるな争いは見ていて自分自身への闘志にもつながった気がします。特にレース前の やはり普段とちがったぴりぴりした様子なんて、こちらまでゾクゾクします。
MTBのコースは負荷が高くて、こんなところ何周もするなんて。。。
なかなか女性人口が少ないのも納得です。−。−;昭和記念公園レースってわけにはいかんし。。(笑)
本当に今回もみんなお疲れ様ー。
次回はメカトラブルだけは避けたいですね。メカトラブルなんてくやしいぃもの!
またサポート頑張るね!
レース後のスマイル写真♪
ゴール後.jpg



続きを読む
posted by ゆこぱんだ at 12:28| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | Jシリーズ・MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2戦J1箱館山XC【試走】

とうとう来ました!!この日が!!
J観戦&サポート。第1戦はすでに八幡浜で開催されましたが、私は第2戦から応援へ行くことにしました。【場所:滋賀県 箱館山】
 実は去年も行ってるので二回目の箱館山
今年は新幹線(行き:こだま=各駅)で3時間40分程かけて京都へ。
京都からさらに約1時間で近江今津駅。諏訪湖沿線を走るのでのどかな景色は心を癒されます。そんなこんなで長旅であーる。

行きのこだまはグリーン車で 広い広い。本来横に5列あるシートが4列。足も一杯に伸ばせる豪勢列車の旅っです。ふらっとごたまチケットで手配したので1ドリンクサービス。昼前から缶ビールあけちゃいましたるんるん
新幹線にはこんな感じで立てかけるのがグット手(チョキ)
s-SANY0001.jpg

現地へ付くなりすぐに選手は前日試走です。レース会場は山の上でゴンドラで選手たちはあがってきます。
私はゴンドラチケット片道800円けちって、もち、林道で山をあがってゆくわけですよ。ふぉふぉふぉ。
ゆっくり上って45分。
ろくにメンテされていない通勤MTBをキーキー異音を響かせながら上ります。
途中、猿と遭遇。目線を合わせず上っていきます。
最後はオフロードに変わってしまうので仕方なく、バイクを引きながら上るのですが(スリックタイヤなので)傾斜もそれなりにあるので つらい。ずるずるバイクと足を滑らせながら上っていきます
HAKODATE2.jpgHAKODATE3.jpg

清清しい景色ぃーるんるん
HAKODATE4.jpg
HAKODATE1.jpg

頂上手前
HAKODATE5.jpgGONDORA3.jpg

ゴンドラ乗り場地点。たくさんの選手が試走していました。
頂上からゴンドラ乗り場まで少し下るのですが、トロトロ下っていたら転倒。 はずかしー。トップライダーがさくさく走ってる中、ガシャーンッ
大丈夫?といわれる始末でした。
だって 滑ったんだもん。痛かった・・・。ふらふら
少しだけミノーのMTBを借りてコースを乗ってみました。
おそるおそるなので下の方だけですけど、ごつごつしたところを走る時点でおっかなびっくり。
でも今回のコースはテクニカルじゃないそうですので、スピードコース。
どんな展開がレースで見られるのかドキワクしました。
CHOUJOU2.jpgCHOUJOU1.jpg

試走組みと合流し、くだりはコンドラで下山しました。
宿では今年は7名。夕食はBBQ。9人中4人が応援だったのも驚きました。サポートだけでくる子も多いのね♪
ぐっすりぐっすり眠って明日の本番を待つのみです。
エリートサポート、気合入ります。

GONDORA2.jpgGONDORA1.jpg


posted by ゆこぱんだ at 11:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Jシリーズ・MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ミノール氏エリート昇格確定!

とうとう ジャパンシリーズポイントランキングの集計結果が出ましたネ。
http://www.japan-mtb.org/

そして みのさんエリート昇格が決定した模様です。オメデトー。
山あり谷あり。故障、体調不良、仕事多忙、
そんな中でもエリートへ進むということは本当にすごいことだと思います。
(あまりエリートやらエキスパやら、こだわりすぎずに)って思っていたけど、
どの位置にいるにせよ、キープすること、それ以上に高めること、
ガンバった分だけ十分に達成感があることだと思います。
なんであれ「努力」の結果ですね。
いろいろな過程を思い返して 積み重ねてきたことを大事に!


そして また来シーズンに向けて、じわじわと蓄えて行きましょう!
本当、おめでとう!
よっし あっしもがんばるでー。

s-s-SANY0132.jpg
ミノール選手!





posted by ゆこぱんだ at 17:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Jシリーズ・MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

現在白馬さのさかJ1XC

昨日から白馬に現地入りしています。
レースサポートしました。M氏、結果良しよし(^_-)
やっぱり レースのゴールは感動します。
自分も少なからず、いろんなレースに出てつから 身をもって感動&体験!

過酷なレースを見て目玉飛び出そうだ(~_~;)
スタート地点からのあのみあげるのぼりは初めて見た〜
あんなところ 上るなんて 信じられないよーーー。ロードじゃありえない。

050731_1526~001.jpg

050731_1558~001.jpg
森の中のシングルトラックのダウンヒル。
ミノ毛がよだつような、、すんごい 下りだ。。。
見てると、振るえと体の硬直が・・・・
んーー 私もせめて普通の下りは 普通に克服したいのだが。。

サポートしてるときは 表舞台をみてるけど 森の中ってこんななのね。。ってかんじ。
しかし、トップ選手のハンドルさばきは素晴らしい。
タイヤはずれたトップ選手はタイヤはずしてホイールで 走っていた。すごすぎる。このテクニック!!!!



ひとまず私自身の練習はこつこつと。昨日は1時間40分白馬駅までラン
今朝はY-koさんと朝ジョグを1時間程度した
すごいさわやかな空気で会話しながらは楽しかった


050730_1518~002.jpg



050730_1551~001.jpg




050731_1447~001.jpg

んーー こうみえても すごい激坂なのですが 伝わらないのが残念。
写真をのせます
というか エッジかめら画質悪すぎてなに写ってるか 分からないなぁ。
なので今度からはカメラもっていくかな!

では
posted by ゆこぱんだ at 13:46| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Jシリーズ・MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。